A.jpg
%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3_edited.png

土地に住まい、暮らしをつくる。

Studio on_site

地球の循環の中で、人と共に生きる

命のある「家具や建築」をつくります。

-土地の色-

土地の自然がもつ材料

土地の人がもつ知恵や技術

これらを再編集し、

地球の循環の中で呼吸をする「モノ」に、

土地の色をあたえる。

 

-人と時-

モノの人生は、

人につかわれてから始まる。

人と共にモノをつくり、

日々の生活の中で共に歳をとる「モノ」が、

人と共に色や形を変える。

 

1/1
 

​Our Practice

Studio on_site は、モノづくりをする現場をスタジオとして、その土地に立ち、

Research・Design・Workshopを行います。

Research 

土地に身を置き

地域に落ち見え隠れする

​習慣や材料や技術

を読み解く

 

Design

生活の中にある

​素材や技術を再編集し、

試作を繰り返しながら

カタチをつくる

Workshop

人と共に

ものをづくりやイベントを行い、

地域にモノを落とし込む。

暮らしをつくる。

 

All-projects.gif

Our Philosophy 

​Studio on_site の活動は、フィリピン タクロバンの高潮に呑みこまれ流された、ひとつの低所得者居住地域から始まりました。

その地域の中に小さなシェルターを建て、現地の人に混じり生活をしました。

その生活の中には、私たちが知り得ない「人間らしい豊かな生活」がありました。

被災から3年後、現地の人の手で再建されたその町は「彼ら彼女」らが溢れ出た多様な町並みと共に賑わいを取り戻し、

そのさらに2年後には、彼らは政府から用意された住居に移住することになります。

その町には「彼ら彼女ら」の景色はなく、「人間らしい豊かな生活」も薄くなったように思えました。

私たちは現地で感じた「人間らしい生活」を、ものづくりを通して現代に再構築することを目指します。​